多様な暮らしと営みをはぐくみ成長する風景をつくる

 

珠洲・鉢ヶ崎エリアを対象として、

地域のランドスケープの特徴と自然環境及び文化的な資源を踏まえ、

地域経済循環と担い手の育成、

持続的な地域づくりのモデルを提示することを目標としています。

市内の中学校を対象としたワークショップをしながら、調査・分析、

ならびに基本構想の検討、社会システムを含めたデザイン検討を行なっています。

だたっぴろい土地にも、土壌や細やかな地形、植生を見ていくことで環境の特徴が見えてくる。

その地域で暮らしを営んでいる方々から話を聞く。

そして、これからこの地域を担っていくみんなとアイデアを練る。

そのような過程を経て、風景づくりを行なっています。

 

協働:金沢工業大学工学部 地域環境デザイン研究室 片桐由希子  Year:2021-

OL-20211114_B3MAP折割付_アートボード 1.jpg
OL-20211114_B3MAP折割付_アートボード 1 のコピー 2.jpg
OL-20211114_B3MAP折割付-03.jpg
OL-20211114_B3MAP折割付-04.jpg
DSC_3274.JPG
IMG_8706.JPG