限界集落を現代集落に。
自然と共生するためのテクノロジーと
ランドスケープデザインを。

現代集落は「地域資源の循環型村」を志向します。

循環とは、食料や生活インフラのすべてを指します。

自然に還って原始的で不便な暮らしをするのではなく、自然と共生しながら人の快適性を追求します。

それが100年後にあるべき自然共生型生活圏の姿ではないか、

というのが現代集落の仮説でありビジョンです。

その中で、拠点となるエリアのデザイン提案を行いました。

現代集落のコンセプトを体現していくように畑地・

現代集落のメンバーやその他の専門家のみなさまとの協働の中でつくりあげられています。

 

Year:2020-

201012sketch1_アートボード 1.jpg
拠点側after_edited.jpg
畑側after_edited.jpg